就職に役立つ美容学校とは?【アイリストに必要な知識と技術】

ニュース一覧

好きや憧れを仕事に

勉強する人

美に関するお仕事のプロへ

将来は美容室を開きたい、ヘアメイクアップアーティストとして活躍したいという場合、美容学校で専門知識や技術を学び、専門資格を取得することが必要になります。美容室でヘアメイクをする美容師や、理容店でヘアカットや髭剃りなどを行う理容師になるには、それぞれ国家資格が求められます。男女問わずヘアアレンジやメイク、着付けなどを行いたい方は美容師の資格を、男性を中心にした散髪やアレンジ、シェービングの技術を身につけたい方は理容師資格がおすすめです。男性の散髪時にセットで人気の髭剃りや、最近はブライダル前の女性の間でも人気のお顔そりやシェービングをするには、美容師やエステティシャンの資格ではできず、理容師の国家資格が必要になります。なので、美容学校で何を学ぶかを検討する際には将来的にやりたい仕事の内容も踏まえて選びましょう。これに対してエスティシャンやネイリスト、アイリストといった資格は国家資格ではなく民間団体が認定している資格になります。そのため、1つの資格に統一されておらず、同じカテゴリーでもいくつかの民間資格があります。美容学校のカリキュラムを習得することでどの資格が得られるのか、どの資格を得るためのレベルに達するかもしっかり確認しましょう。民間資格には業界におけるステータスの違いもあるので、顧客から信頼され、就職や転職、実際の業務に役立つ資格はどれかを調べたうえで、最適な美容学校を探しましょう。

Copyright© 2018 就職に役立つ美容学校とは?【アイリストに必要な知識と技術】 All Rights Reserved.