就職に役立つ美容学校とは?【アイリストに必要な知識と技術】

ニュース一覧

メイクのプロになりたい

ハサミ

基本の知識とスキルを得る

メイクアップアーティストは、主にテレビ等のメディアやショー、展示会等のイベントの出演者にヘアメイクを施す仕事を行います。メイクアップアーティストに必須とされる資格はありませんが、化粧品等の知識とメイクのスキルがなくては仕事につくことは不可能です。また、トレンドに敏感であることや鋭い美的感覚も必要とされます。このような知識やスキルを得るためには、また感性を養うためには、美容の最先端を学べる美容学校に通うことがおすすめです。美容学校は全国各地に多数ありますが、学校ごとにカリキュラムがかなり違い、またコース分けもそれぞれ違いがあるため、将来自分がどのようなメイクアップアーティストになりたいかしっかり考えて、それに合った学校やコースを選ぶことが大切です。たとえば、先にあげたようにメイクアップアーティストには資格が必要ありませんが、顔へのメイクと同時にヘアメイクも任されることが多いため、美容師免許を取得しておくと信頼度が高まり、就職が有利になる他、仕事の依頼も受けやすくなるといったメリットがあるのです。このようなメリットを得たいと考えるなら、美容師免許の取得を目指せる美容学校やコースを選ぶと良いでしょう。この他では、ショーや映画の本場である欧米各国に短期留学し、最先端のメイク術を学ぶ他、異国の文化に触れて自らの感性を高めることを目的とする美容学校や、年間に何度かヘアメイクのコンテストを開催し、学生同士がお互い切磋琢磨してスキルアップが図れるよう促している美容学校があるなど、才能を伸ばす機会は様々です。なお、美容学校は全日制で1年〜3年学ぶコースの他、仕事を持つ社会人等のために夜間や休日に集中講義を行うコースを開講する等、ライススタイルによって選択が可能となっています。

Copyright© 2018 就職に役立つ美容学校とは?【アイリストに必要な知識と技術】 All Rights Reserved.